2019/05/28

転職で休日は増やせる? 月4休日で月収50万円を月8休日で月収50万円に

建設業界の転職活動は報酬や福利厚生に目が向きがちですが、休暇日数もチェックしておきたいポイントの一つです。同じ給与でも休みが増えるだけで、労働の満足度が変わってくるからです。

では月の休日はどうすれば増やすことができるのでしょうか。本記事では転職を含めた、建築業界における休日を増やす方法について紹介します。

  1. 【目次】
  2. ■ 建築業界には月の休日が4日程度の現場もある
  3. ■ 月の休日が8日あることのメリットとは
  4. ■ 建築業界での転職で休日日数は増やせるのか?
  5. ■ 働きやすい環境づくりのために休みを確保しよう
  6. ■ 【まとめ】転職活動は何を大切にするのか優先順位を決めてから取り組もう

完全週休二日制のオススメ求人情報

東京都

内装施工管理

正社員

完全週休二日制

都心・都内勤務

交通費全額支給

勤務地

東京都中央区

年収

400万〜600万
※経験・年齢を考慮の上、
優遇します。

<年収例>
760万/40歳(入社3年目)

勤務時間

9:00〜18:00(休憩あり60分)

各種手当

役職・資格・家族・生計・時間外・出張・職能

東京都

建築施工管理

正社員

要普通免許

要資格

経験者優遇

資格保有者優遇

退職金制度

完全週休二日制

勤務地

東京都千代田区

年収

600万〜800万
※経験・年齢を考慮の上、
優遇します。

<月給>
250,000円〜

勤務時間

9:00〜18:00(休憩60分)

各種手当

通勤・家族・役職・資格・業務・裁量

東京都

建築施工管理

正社員

要普通免許

経験者優遇

学歴不問

週休二日制

転勤なし

土日休み

勤務地

東京都中野区

年収

300万〜900万
※経験・年齢を考慮の上、
優遇します。

<月給>
266,000円〜

勤務時間

8:00〜17:00(休憩120分)

各種手当

資格手当(建築士・建築施工管理技士等)

東京都

建築施工管理

正社員

要普通免許

要資格

創業20年以上

経験者優遇

完全週休二日制

資格保有者優遇

勤務地

東京都台東区

年収

300万〜700万
※経験・年齢を考慮の上、
優遇します。

<月給>
30〜50万円

勤務時間

8:00〜17:00(休憩60分)

各種手当

寮社宅あり・温泉保養所・研修旅行

建築業界には月の休日が4日程度の現場もある

建築業界は現場によっては月の休日が4日程度の現場は少なくありません。建設業界にもライフワークバランスを重視する企業は増えてきていますが工事の内容や進捗状況、人手不足を理由として休日が少なくなるケースは珍しくありません。

会社によっては月に4日程度の休日が前提となっているケースもあります。そのため建築業界へ転職する際は、エントリーする企業がどの程度の休日日数を提供しているのか、事前にチェックすることが大切です。

月の休日が8日あることのメリットとは

仮に月の休日が4日で月給50万円の会社に転職できたとしましょう。月給50万円は一般的な会社員の平均月給よりも高い報酬です。そのため報酬に対する満足度は高くなるはずです。
しかし月の休日が4日であれば、週休は1日しかありません。すると休日は身体を休めることや家族サービスに費やしてなくなる可能性が高くなります。

ところが同じ月給で月の休日が8日になるとどうでしょうか。まず週休が2日となるため肉体的・心理的な余裕が生まれやすくなります。また休日が確保されていることはプライベートの充実にもつながります。
このようなことを考慮すれば休暇日数が確保されていると、働くことへの満足度は高くなりやすいといえるでしょう。

建築業界での転職で休日日数は増やせるのか?

ではどうすれば、月の休日日数を増やせるのかという話ですが、その方法の一つが転職です。
近年は建築業界でも年間休日120日、完全週休二日制を提示している企業が少なくありません。そういった休日が充実した企業を狙って転職活動をすることでプライベートを充実させながら働ける可能性が高くなります。

しかし無計画に転職して月収50万円を確保できるほど、建築業界は甘い業界ではありません。転職する前に実務経験を積み重ねるなど、自分自身の市場価値を高める努力を普段から取り組んでおくことが大切です。

働きやすい環境づくりのために休みを確保しよう

転職は休日を確保する有用な手段の一つですが、それ以外にも休日を確保する方法があります。それは働きやすい環境づくりを自ら行うことです。たとえば休暇が取得しにくい現場だったとしても、有給休暇の取得について上司に相談してみましょう。すると希望する日程での休暇が取得できるかもしれません。また上司との定期面談の際に、ストレートに休日を増やしたいと相談するのも有用な手段です。

これらの提案は簡単に通るとは限りませんが、実績や上司との関係性によっては希望が通る可能性もあります。現在働いている職場で休日日数が増えれば、月給が下がるリスクを回避することもできます。既に月給が50万円あるなら、同じ月給で月の休日だけが2倍になる可能性もあります。
休日日数の少なさにストレスを感じている場合でも、転職は有用な選択であることは間違いありません。しかし転職に踏み切る前に現在の職場で相談することは検討すべき選択の一つだといえるでしょう。

【まとめ】転職活動は何を大切にするのか優先順位を決めてから取り組もう

月の休日は4日よりも8日の方が満足して働ける可能性が高いのは、ここまで紹介してきた通りです。弊社の転職エージェントサービス「現場監督リンク」では求人の検索条件の設定で「完全週休二日制」が選択できます。休日を重視して転職活動を目指すなら、「完全週休二日制」の求人をチェックしてみることをおすすめします。

また建築業界の転職活動では月給や休日日数など優先順位を最初に決めることが大切です。仮に月給を最重要だと考えているにも関わらず、休日日数を重視して転職したとしましょう。すると長く務める中で不満が大きくなる可能性が高くなってしまいます。
建築業界でのキャリアが浅い間は、月給や休日日数など全ての条件を満たして転職を成功させるのは簡単なことではありません。これから建築業界での転職活動に取り組むなら、まずは転職先に求める優先順位を決めることからはじめてみてはいかがでしょうか。

ご相談はこちらから