2019/04/26

建築業界で安定的に働こう!転勤がない求人特集

建設業界はゼネコンなど大手企業に転職すると全国への転勤があることがこれまでの当たり前だったかもしれません。しかし人手不足の影響もあり、こういった労働者の負担となる制度の見直しを始めている企業は少なくありません。

実際に転勤がある仕事は避けて転職したいと考えている求職者の方も多いのではないでしょうか。
そこで本記事では転勤なしで働くことをテーマとして取り上げ、転勤がない求人特集を紹介します。

  1. 【目次】
  2. ■ 転勤がない求人のメリット・デメリット
  3. ■ 現場監督リンクから「転勤なし」の求人を探す手順
  4. ■【建設業界】転勤がない求人特集
  5. ■【まとめ】建築業界/転勤なしの求人でも頑張り次第で昇給は期待できる!

転勤がない求人のメリット・デメリット

転勤がない求人で転職が決定すれば、生活が安定するというメリットがあります。プライベートの人間関係も安定するため、日常生活の変化によるストレスを感じることなく、日々働くことができます。結婚して子供がいる場合、転勤が多ければ学校の転入が子供のストレスになってしまうリスクもありますが、転勤がない職場で働くことができれば、そういったストレスを心配する必要もなくなります。

その一方で転勤がない求人にはデメリットが存在しています。転勤がない求人のデメリットの一つは全国転勤可としている場合に比べると毎月の給与が低めに設定されていることです。転勤なしのポジションは契約社員採用からスタートするケースも珍しくありません。このようなことを考慮すれば転勤がある仕事を選んだ方が高い報酬を受け取れる可能性は高いといえるでしょう。
もちろん、転勤の有無で全ての会社が報酬に差をつけているわけではありません。しかし建設業界で転勤がない求人を選ぶなら、こういったメリットとデメリットについても理解してから転職活動に取り組むことが大切です。

現場監督リンクから「転勤なし」の求人を探す手順

弊社の運営している転職エージェントサービス、現場監督リンクなら「転勤なし」の求人を簡単にチェックすることができます。その方法はシンプルで、まずはトップページから「求人を探す」をクリックします。その後「更に絞り込み検索を行う」の「こだわり」項目にて、「絞り込む」をクリック。「待遇」から「転勤なし」を選択します。最後に「求人を検索する」ボタンをクリックすることで転勤なしの求人案件を抽出することができます。

その他にも職種、勤務地、年収の幅まで設定することが可能です。希望条件が明確な場合は条件を細かく絞ることで、希望に合った求人情報を抽出してチェックすることができます。

【建設業界】転勤がない求人特集

ではここからは現場監督リンクで掲載している転勤がない求人をいくつか見ていきましょう。
条件は転勤なしだけでなく、勤務地としてアクセスがしやすい東京都23区に限定しています。(2019年3月初旬時点)

東京都練馬区/積算/正社員

こちらは給与として300,000円以上が設定されている、転勤なしの求人案件。
積算業務経験者の募集ですが、社宅や退職金制度など手厚い福利厚生が設定されています。

この求人の詳細はこちらから

東京都練馬区/建築施工管理/正社員

こちらは年収300~600万円が提示されている、転勤なしの求人案件。
建設施工管理として、未経験でもチャレンジすることができる求人です。
工事業者の管理業務や、施主との打ち合わせなどが仕事内容に含まれています。

この求人の詳細はこちらから

東京都新宿区/建築施工管理/正社員

こちらは月給30万円以上が提示されている、転勤なしの求人案件。
現場での施工管理業務が主な仕事となりますが、施工管理経験があれば学歴不問でエントリーすることができます。資格手当や役職手当など各種手当が制度として設定されているため資格取得や昇進のメリットが大きい職場だといえるでしょう。

この求人の詳細はこちらから

これらは転勤なしの求人案件の一部ですが、現場監督リンクでは100件前後の転勤なし求人を掲載しています。建築業界で転勤なしの求人に関心があるなら、一度チェックしてみることをおすすめします。

【まとめ】建築業界/転勤なしの求人でも頑張り次第で昇給は期待できる!

ここまで紹介してきたように、転勤なしのポジションは全国転勤が可能なポジションに比べると、手当などで劣る可能性があることは否めません。しかし元々地域限定で営業している会社に転職できれば、転勤がないことによる給与の差は心配する必要がありません。

また仮に転勤がないことで報酬に違いがあったとしても、建築業界は資格取得や経験を積み重ねることで高い報酬を目指せる業界でもあります。
頑張り次第で報酬は何とでもなると考えれば、転勤がない現場で働くことは魅力的な選択肢の一つだといえるでしょう。

ご相談はこちらから