2019/03/19

建設業界で転職するなら「現場監督リンク」を使おう!

「今の働き方に不満があるわけではないけれど、もっと良い環境で働きたい」そう考えたことはありませんか?ひと昔前までは一つの企業に勤めたら定年まで働き続ける、という「終身雇用」の考え方が一般的でしたが、今は転職も当たり前です。むしろ特定の会社で働き続けるのはスキルが偏ってしまい危険だ、という見方すらあります。会社が倒産したり、リストラにあったりしてしまうリスクもありますからね。

しかし、転職も慣れていなければどんな手段があるのか、何から手をつければ良いのかわかりづらいもの。そこで今回は建設業界における4つの転職方法についてまとめました。

  1. 【目次】
  2. ■ 建設業界の転職方法① ハローワークを使う
  3. ■ 建設業界の転職方法② 人から紹介を受ける
  4. ■ 建設業界の転職方法③ 直接応募する
  5. ■ 建設業界の転職方法④ 転職エージェントを活用する

建設業界の転職方法① ハローワークを使う

転職の際の最も一般的な手段としてイメージされやすいのが、ハローワークではないでしょうか?誰もが無料で利用でき、求人を検索するだけでなく企業の人事の方とつないでもらうこともできます。もちろん転職の方法として悪くありませんが、幅広い業界の求人を取り扱っているため一つひとつの求人の情報が薄めで、企業側も無料で募集をかけられるため質の低い求人も混じりやすい点がデメリットです。

建設業界の転職方法② 人から紹介を受ける

ハローワークを使用しない転職方法として、知人や友人から「紹介」を受けるという手段もあります。ネットが普及した世の中であっても仕事は人間同士の関係によって成り立つもの。とくに建設業界などの伝統ある業界では、採用に関してコネクションが重視されることもあります。第三者を介すことで初対面の企業よりも信頼を得やすく、上手く行けばスムーズに入職にこぎつけられることが良さ。

ですがなかなかそう都合よく、入りたい企業につながりを持つ人と巡り会えるわけではありません。紹介による転職を狙うのであれば、普段から同業者の方などと関係を深めて、多方面に人脈を築いておく必要があります。

建設業界の転職方法③ 直接応募する

「ここの企業でぜひ働きたい!」と希望の職場が決まっているのであれば、会社のHPなどから問い合わせ先を探し、直接採用してくださいと連絡することも手です。建設業界は人手不足の会社も少なくないので、熱意を見せれば雇用される可能性も十分にあります。

ですがいくら相性が良くても、企業側のタイミングによっては採用に踏み切れないこともあり、確実性があるとは言えません。

建設業界の転職方法④ 転職エージェントを活用する

転職のやり方はさまざまですが、最もおすすめな手段が「転職エージェント」を利用することです。エージェントは転職のプロフェッショナル。業界に精通しており、数多くの企業の中からあなたの適正やスキル、キャリアプランに合った企業を案内してくれます。お互いの希望が合致しているので話が進みやすいほか、採用試験にあたっては必須な応募書類の書き方や面接対策までフォローしてもらえるんですよ。応募者側も企業側もWin-Winになりやすいため、最近では転職のメジャーな手段となってきました。
転職先が建設業界なのであれば、「現場監督リンク」など、建設業界に特化した就職情報サイトで転職エージェントを見つけるのがオススメ。求人の取り扱いを建設業界に絞っているからこその、良質な情報を握っているエージェントがあなたの転職をサポートしてくれます。転職は未経験という方でも心配はいりません。採用試験に向けた戦略だけでなく、転職全般に対する不安の相談にも乗ってもらえるので、ぜひ活用してみてください!

建設業界で転職を考えている方向けに、4つの転職方法とそれらの特徴を紹介しました。それぞれに良さはありますが、万人におすすめできるのはやはり「転職エージェント」を利用する方法です。ネットを使えば気軽に求人を調べられるので、仕事が忙しくて時間があまりない・・・という方にも向いています。あなたが良い就職先を見出すきっかけとなれば幸いです!

ご相談はこちらから