2019/05/30

建築業界の面接対策は推薦状が効果的? 面接突破のための3つのアドバイス

建築業界への転職活動を成功させるためには、面接対策にも取り組んでおくことが大切です。どれだけ建築業界の職務経歴があったとしても、面接を通過しなければ採用までは至らないからです。

では建築業界の面接対策として、事前にどのようなことに取り組んでおくべきなのでしょうか。本記事では建築業界の面接対策として、面接を突破するための3つのアドバイスをお伝えします。

  1. 【目次】
  2. ■ 【1】職務経歴の説明は短く伝えることを意識しよう
  3. ■ 【2】転職理由を質問されたら前向な理由を回答しよう
  4. ■ 【3】転職エージェントを活用して推薦状を添付してもらおう
  5. ■ 【まとめ】面接対策として建築業界の動向やニュースについてもチェックしておこう

【1】職務経歴の説明は短く伝えることを意識しよう

建築業界の面接の内容は企業によって異なりますが、ほとんどの場合最初に自己紹介を求められます。自己紹介の内容は第一印象として採用担当の記憶に残りやすいため、自己紹介はあらかじめまとめておくことが大切です。
面接を何度も受ければ自己紹介は流暢に説明できるようになりますが、事前に内容をまとめておかなければ、自己紹介で言葉につまるリスクがあるからです。
では、ここで自己紹介をまとめる際のポイントを見ていきましょう。

・専門用語を使わずに分かりやすい言葉で説明する

・要点に絞って短く説明する


・建築業界もしくは建築業界に役立つ経験についても取り入れる

面接で自己紹介を求められた際は、上記のポイントを意識して短く要点を絞って説明することが大切です。職務経歴が複数ある場合は、職務経歴書に記入した順番に沿って順番に説明していきましょう。職務経歴書を見ながら説明の練習をしておくのも有用な面接対策の一つです。時間に余裕があれば、どのように話せばスムーズになるのか面接対策として事前に練習しておくことをおすすめします。

【2】転職理由を質問されたら前向きな理由を回答しよう

職務経歴が複数ある場合、かなり高い確率で退職理由は質問されます。稀に質問されないケースもありますが、退職理由は質問されると想定して対策をしておきましょう。
転職理由を伝える際に注意したいポイントは以下の通りです。


・前職の不満や嫌な気持ちを口にしない


・ネガティブな理由を転職理由として伝えない


・前向きな転職理由を伝える

これらのポイントを意識するだけで、転職理由の回答でマイナスに評価されるリスクを減らすことができます。退職理由や転職理由でネガティブな内容を聞かされると採用担当者は同じような理由でまた辞めるのではないか、と考えてしまうものです。

しかし「スキルアップを目指して」または「チャレンジしたかった」などポジティブな理由であれば、採用担当者もそこまで悪い印象を持つことはありません。退職理由や転職理由は事前に考えておかないと、言葉がつまりやすい質問でもあります。職務経歴が複数ある場合は、事前に回答内容をしっかりと考えておきましょう。

【3】転職エージェントを活用して推薦状を添付してもらおう

面接対策として転職エージェントの担当アドバイザーからエントリー企業に推薦状を送ってもらうという対策もあります。主観的ではない第三者からの評価ということもあり、面接前の印象を良くする効果が期待できます。そして推薦状添付のメリットは、面接者の良いところをダイレクトに採用担当者へ伝えることができる点にあります。

転職エージェントサービス「現場監督リンク」では求職者への転職サポートとして、上記のような担当アドバイザーによる推薦状の添付にも取り組んでいます。推薦状だけで合否が決まるわけではありませんが、推薦状は無いよりもある方が採用担当者の印象に残りやすくなるのは間違いありません。面接対策として推薦状の添付を希望されるなら、ぜひ一度現場監督リンクへご相談ください。

【まとめ】面接対策として建築業界の動向やニュースについてもチェックしておこう

ここまで紹介してきたような面接対策は、建築業界に限らず面接対策の基本でもあります。特に自己紹介や退職理由、志望動機についてはいきなり話せるような内容ではないので、入念に対策をしておきましょう。
そして面接対策として建築業界の動向やニュースについてもチェックしておくことも大切です。建築業界の面接では建築業界での出来事や動向について自分自身の意見を求められる可能性もあるからです。

また現場監督リンクでは建築業界に精通した担当者が面接対策のアドバイスに対応しております。転職活動中に面接対策で迷った場合にも、現場監督リンクの活用をご検討ください。

ご相談はこちらから