2019/05/17

前向きな姿勢が決め手なる? 建築業界の転職における職務経歴書作成のポイントとは

建築業界の仕事は専門的な技術だけでなく、現場では様々な職種と関わりながら仕事をする姿勢が求められます。特に施工管理など管理業務も対応する職種の場合、コミュニケーションスキルは欠かせないといえるでしょう。これらはあくまでも一例ですが、建築業界ではどのようなスキルや経験が求められるのかを理解しておくと職務経歴書は書きやすくなります。

職務経歴書は履歴書とセットで考えるべき重要な提出書類の一つですが、社会人経験がある場合、職務経歴書は書類選考の結果に大きく影響します。そこで本記事では、建築業界の転職における職務経歴書作成のコツやチェックしておきたいポイントを紹介します。

  1. 【目次】
  2. ■ 職務経歴書は必要な項目に抜けがないように丁寧に作成しよう
  3. ■ 自己PRでは管理業務の経験など建築業務でも活かせる経験をアピールしよう
  4. ■ 【建築業界への転職】職務経歴書の例文
  5. ■ 【まとめ】建築業界への転職を目指すなら職務経歴書は第三者の意見も参考にしよう

職務経歴書は必要な項目に抜けがないように丁寧に作成しよう

職務経歴書は勤務先会社名以外にも資本金や従業員数、経験職種、在職期間、業務内容、実績など細かい情報まで丁寧に記載することが大切です。手を抜かずに丁寧に作成すればその姿勢だけでも評価される可能性があるからです。
特に実績については、表彰などがなかったとしても記載しておきましょう。業務の効率化につながったことなど、担当業務で自分なりに工夫したことでも構いません。営業職であれば営業成績、マーケティングや企画であれば数字で記載すると説得力を持たせることができます。

もちろんエントリーする職種にあまり関係がない場合、詳しく書く必要はありませんがコミュニケーションやマネジメントで工夫したことは建築業界でも経験として評価される可能性があります。実績については書くことでマイナスの評価になることはほとんどないため、過去を思い出しながらしっかりと記載しておきましょう。

自己PRでは管理業務の経験など建築業務でも活かせる経験をアピールしよう

建築施工管理など、管理業務が含まれる職種にエントリーするなら管理業務の経験は自己PRに掲載しておきたい経験の一つです。他の職種であったとしても、リーダーや管理者としての経験は評価される可能性があるからです。
そして管理業務についてアピールする際は、ただ経験があることを書くのではなくどのようなことに意識して管理業務に取り組んだのか、具体的に書くことが大切です。具体的な経験とそこから学んだことを一つのセットにすると、採用担当の印象にも残りやすくなります。

また建築業界での職務経歴がある場合、自己PRでは経験を積極的にアピールしておきましょう。建築業界で培った技術や成果について具体的に書くことで、経験者としての強みを採用担当者に伝えることができるからです。これらの経験がない場合でも、自己PRではコミュニケーションスキルやPC操作スキルなど職務に必要となる経歴についてアピールすることが大切です。

【建築業界への転職】職務経歴書の例文

職務経歴書は中央寄せで「職務経歴書」と記載して、作成年月日、そして氏名を記載するのは建築以外の業界へエントリーする場合でも共通です。
では次に職務経歴概要と、職務経歴の項目について例を見ていきましょう。

■職務経歴概要

○○専門卒業後、株式会社◯◯へ入社。入社後3年間は飛び込みを中心とした個人向け英語教材の新規営業業務に従事。3年目には支店内で月間トップセールスを二度受賞。最高売上金額は〇〇○○万円。4年目からは係長となり新人教育担当としてリーダーとしての役割も担当。

20◯◯年◯◯月 ○○株式会社入社(在職期間:◯年◯◯ヶ月)

事業内容:英語教材販売、アプリ開発
従業員:◯◯名  売上:◯◯◯◯円 
経験職種:営業

勤務期間 業務内容 使用OS 役割
20◯◯年◯◯月 ~ 20◯◯年◯◯月 新規開拓営業
飛び込み営業
販促資料の作成
見込み客へのフォロー営業
【実績】
○○年〇月 ○○支店トップセールスを達成。
売上金額 ○○○○万円
Windows
営業人数:8人
営業

職務経歴以降は、取得資格、自己PRとまとめていきます。履歴書のフォーマットに志望動機の項目がない場合、職務経歴書に志望動機を記載しましょう。

【まとめ】建築業界への転職を目指すなら職務経歴書は第三者の意見も参考にしよう

職務経歴書の作成は建築業界に関係している経験やスキルをアピールすること、そして抜けがないように丁寧に作成することが大切です。

しかし職務経歴書は第三者のアドバイスを参考にすることで、より充実した内容にできる可能性があります。現場監督リンクでは、転職サポートとして職務経歴に関する相談にも対応しております。転職活動中に職務経歴書の作成で迷った際は、ぜひ現場監督リンクにご相談ください。

ご相談はこちらから