2019/05/09

どんな転職方法がある? 未経験から建築業界へ転職する4つの方法

建築業界への転職を目指すなら、まずはどのような転職方法があるのかを把握することが大切です。
転職活動の方法に応じて、選べる建設業界の求人にも違いが出てくるからです。

では未経験から建築業界への転職を狙う場合、どのような転職方法があるのでしょうか。
本記事では未経験者でも取り組めることを前提として、建築業界へ転職する4つの方法を紹介します。

  1. 【目次】
  2. ■ 【転職方法1】建築業界に特化した求人サイトを活用する
  3. ■ 【転職方法2】ハローワークで建築業界の仕事を探す
  4. ■ 【転職方法3】友人や知人から現場を紹介してもらう
  5. ■ 【転職方法4】建築業界に特化した転職エージェントを活用する
  6. ■ 【まとめ】建築業界へ転職を目指すなら、目的に応じた転職方法を選択しよう

【転職方法1】建築業界に特化した求人サイトを活用する

建築業界への転職を目指すなら、建築業界に特化した求人サイトを活用して転職活動を始めることができます。
求人サイトには幅広い業界の求人を扱うサイトもありますが、建築業界に特化している求人サイトを利用した方が、求人案件を選びやすいというメリットがあります。

しかし企業のリサーチ、エントリー、面接の日程調整など全て自分で取り組まなければならないため、時間と労力がかかるというデメリットがあります。

【転職方法2】ハローワークで建築業界の仕事を探す

働きたいエリアがある程度明確であれば、ハローワークを使って建築業界の仕事を探すことができます。またハローワークは、地域によっては求職者へのサポートとして面接対策の相談窓口や履歴書作成のセミナーなどを開催しています。
こういった制度を上手く活用すればスムーズに転職活動を進めることができる可能性があります。

しかしハローワークは企業側の掲載費用がかからないため、時期によっては条件が良くない求人が掲載されている可能性もあります。
エントリーする求人の見極めは慎重になる必要があるといえるでしょう。

【転職方法3】友人や知人から現場を紹介してもらう

友人や知人からの紹介で現場を紹介してもらうことができれば、ある程度内部事情も確認してから働くことができるため、安心して働ける可能性があります。
また既に知人がいる現場であれば困ったことがあっても相談できるというメリットもあります。

しかし紹介してもらった現場であったとしても雇用条件は必ずしも良いとは限りません。
友人や知人から仕事を紹介してもらう場合は、雇用条件について事前に確認しておくことが大切です。

【転職方法4】建築業界に特化した転職エージェントを活用する

建築業界への転職方法としておすすめできる手段の一つに、建築業界に特化した転職エージェントの活用があります。転職エージェントを活用すれば、担当のコンサルタントから転職サポートを受けながら転職活動に取り組むことができるからです。転職サポートの具体的な内容としては、キャリアカウンセリングや面接対策、履歴書・職務経歴書の作成相談などがあります。

弊社の提供している転職エージェントサービス「現場監督リンク」では、建設業界の技術職に特化した求人案件を取り扱っており、経験豊富なアドバイザーが求職者の方々の転職サポートに努めています。
また求人にエントリーする際は求職者から履歴書、職務経歴書以外にもアドバイザーによる推薦状も添付しています。入社後のフォローにも対応しているため就業決定後も安心して活躍いただくことができます。
未経験からエントリーできる求人もございますので建築業界への転職を目指すなら、現場監督リンクの活用をご検討ください。

現場監督リンク

【まとめ】建築業界へ転職を目指すなら、目的に応じた転職方法を選択しよう

ここまで紹介してきたように、建築業界への転職方法は一つではありません。
それぞれの転職方法にはメリットだけでなくデメリットもあるため、これらのことを考慮して転職方法を選択することが大切です。
地元での転職を目指すならハローワーク、人間関係を重視するなら友人の紹介で仕事を探すというのも一つです。
転職サポートを受けて転職活動に取り組みたいと考えるなら、転職エージェントへの登録は欠かせません。

また既に建築業界である程度キャリアがあれば現在よりも好条件で転職できる可能性があります。転職エージェントを活用すれば年収交渉もやりやすくなるため、既にキャリアがあって高い年収を目指す場合でも転職エージェントへの登録は欠かせないといえるでしょう。
建築業界への転職を目指すなら、まずは転職の目的だけでなく、どのように転職活動を進めたいのか自分の考えを明確にすることが大切です。転職活動をスタートさせる際は、転職の目的に応じた転職方法を選択することをおすすめします。

ご相談はこちらから